株式会社カーディナル

メニュー

HISTORY沿革・業績の推移

HISTORY沿革

カード製造販売を通じてステークホルダーと共に成長し環境保護にも留意し社会貢献に取り組む。

沿革
1967(昭和42) 日本初のカード製造会社㈱宮田機械印刷研究所として発足、
製造機器一式を設備する。
1971(昭和46) クレジットカード需要拡大につき、UV印刷方式導入。
販売代理店を募集。
1976(昭和51) 印鑑登録証、メンバーズカード類急増。
総製造枚数1億枚を超す。
1980(昭和55) あらゆる業界から需要が増大、第一次カード時代となる。
1981(昭和56) 大阪市城東区新喜多2丁目に第2工場自社ビル新築移転。
設備を倍増する。
1983(昭和58) 月産500万枚製造体制確立。磁気カードの生産増強。
1985(昭和60) 第3工場開設。納期短縮と高品質カードに対応。
第2次カードブームが起こる。
1986(昭和61) 東京営業所を開設。九州営業所を開設。
1987(昭和62) プリペイドカードの需要が増加。第4工場増設。
総製造枚数4億枚を超す。
1989(平成元) 本社ビルの隣接ビル(200坪)を買収し設備増強する。
生産体制40%アップ。
1990(平成02) 社名変更、カーディナル(株)となる。社員寮完成。
福利厚生を充実させる。
1991(平成03) カーディナルえひめ建設スタート。
敷地6600㎡、建延約4000㎡。
1992(平成04) カーディナルえひめ竣工。総製造枚数6億5千万枚を超す。
年間製造点数7000種突破。
1994(平成06) テレホンカードの普及でペット素材を使用したカードの受注が増大。
1996(平成08) 本社ビル完成。
屋上に社鳥のカーディナルを飼い一般公開する。
1998(平成10) ソフト開発ビル完成。製造枚数10億枚を超す。
年間製造点数8000種突破。
1999(平成11) 日本初のデジタルカード印刷システム導入。
顔写真入カード1日10万枚製造可能となる。
2000(平成12) 大阪証券取引所 新市場部に上場。
横浜営業所を開設。
2002(平成14) 名古屋営業所を開設。
総製造枚数13億枚を超す。
2003(平成15) 大阪証券取引所のヘラクレス市場銘柄となる。
2004(平成16) 東京都千代田区飯田橋3丁目にカーディナル東京支社ビル完成。
東京・横浜営業所統合移転。
2006(平成18) 100%子会社、株式会社ウィルワンカードを設立。
関東圏で市場拡大を計る。
2008(平成20) カーディナルえひめに、ICカードの専用工場が完成。
2009(平成21) 株式会社ウィルワンカードを吸収合併し、東京支社と統合することにより効率化を図る。
2010(平成22) インターネット(WEB)上で、Card Market.jpサテライトオフィスを開設。
2010(平成22) 大阪証券取引所の市場統合によりJASDAQグロースの上場銘柄となる。
2012(平成24) 製造枚数20億枚を超す。代理店数6000店
2013(平成25) 四国工場において産業用太陽光発電システムを設置
2015(平成27) 量販店向けにポイントカード即時発行タイプのバーコードカードが急増
2017(平成29) 創立50周年を迎える
2018(平成30) 流通業界(小売店舗)で電子マネー付き磁気カードが急増

BUSINESS RESULTS業績の推移

カード製造枚数の累積推移から当社で作ったカードは、1億人の国内成人が1人平均25枚使っていただいたことになります。

業績の推移